未分類

【FX自動売買】アラジンシステム(MAM)詐欺で稼げない?証券会社CXCについても調査

こんにちは、ヨギボーです。

月利10〜20%らしいアラジンシステムという自動売買ツール。

例えば100万円で運用したとして、取引数量によっては120万円ほど!

果たして本当に稼げるのかどうか?

アラジンシステム(MAM)はどんなEAなのか気になって調べてみると。

どうやら、アラジンの証券会社CXCは出金拒否があったという事実も判明して。

そしてアラジンは他が出しているサバンナ(MAM)にも雰囲気似ている…

なんだか怪しい匂いがしてきたので調査してみました。

アラジンシステムはちゃんと稼げるのか?それとも詐欺なの?

出金拒否される証券会社CXCについても詳しく見ていきましょう。

アラジンシステム(MAM)は本当に稼げるの?

アラジンシステム(MAM)は本当に稼げるのかどうかですが、結論から言って筆者はオススメしません。

なぜなら、利益が出て稼げたとしても出金が3ヶ月に1回しかできないからです。

その間に証券会社に何かあったら利益はおろか、元金はちゃんと戻ってくるのか?かなり不安になります。

さらに、アラジンシステムの証券会社CXCは過去に出金拒否があったとの書き込みもありました。

大切な運用資金が出金できないなんて、とんでもない証券会社です…

CXCについては、取引の実態などに不明な点が多く後ほど調査した内容を紹介しますね。

MAM自体はとっても優秀

MAMとは資金をプロトレーダーに任せて売買してもらうMAM(マム)運用ですが、プロトレーダーが親となり複数の集まった資金を代表して裁量トレードします。

自分で取引をしなくても資金をプロトレーダーに任せて売買してもらうサービスです。

下記はMAMのイメージになります。

各アカウントの持つロット数に応じて利益が貰える仕組みになっています。

取引については親アカウントのトレードが子アカウントへそのままコピーされているだけですので、個人の口座から資金が勝手に引き出されてしまうなんてことはないですね。

個人で裁量でトレードしたら99%間違いなく負けるのでMAMは優秀です。

(過去の私は、FXで裁量にて90万溶かしました…)

控えめに言って、MAMは素晴らしいツールであることは間違いないです。

なんせ、玄人のトレーダーが代わりに取引を行ってくれるのですから。

アラジンシステム

アラジンシステムはMAMらしく、収支は下記のようです。

2021年3月 月利18.8%(188,019円)
2021年4月 月利20%(2,00,060円)
2021年5月 月利16.5%(165,474円)
2021年6月 月利26.8%(268,211円)
2021年7月 月利18.5%(185,217円)

100万円での運用実績だそうで、月利20%前後で年利にしたら200%スゲー!と一瞬なりましたが‥

エビデンスも掲載はされていましたが、どこか信憑性にかける部分が引っかかるのは私だけではないはず。

アラジンシステムの概要と気になった点

アラジンシステムの概要は下記になります。

想定月利 10〜20%
証拠金 20万以上
対象通貨ペア EUR/USD
証券会社 CXC
レバレッジ 500倍
参加料 無料
出金 3ヶ月に1回

やはり引っかかる点は、

  • 出金が3ヶ月に1回しかできない
  • 出金拒否の実績のある証券会社CXC
  • 取引通貨はEUR/USDのみ

です。

利益が出ても、3ヶ月後でなければ引き出せないのはどうなのかと。

しかも3ヶ月に1回しか出金できないのはかなり心配になります。

1ヶ月目が良くても、2ヶ月に証券会社に飛ばれたら目も当てられません…

しかも、CXCの公式サイトや利用規約には信託保全に関する記載がありませんでした。

信託保全とは、もしFX会社が破綻するようなことがあった場合に、投資家からお金を守る制度です。

FX会社と提携している銀行が、代わりにお金を返金してくれる仕組みとなっています。

取引通貨もEUR/USDだけなのは通貨ペアを絞らなくていいのかもしれないけど、他の通貨ペアエントリーできるチャンスも限られてしまいますよね。

※通貨ペアを増やせば利確になるタイミンは増えますがペアエントリーした分、含み損を抱える場合もあります。

証券会社CXCについても調査

CXCは海外の証券会社で2020年に日本進出しています。

会社概要は下記になります。

運営会社 CXC Markets Limited
設立日 2015年
住所 Australia Office
16/1 Bligh St,Sydney NSW 2000 Australia
Hong Kong Office
FLAT/RM32 11/F Maxgrand Plaza 8 NG FONG STREET SAN PO KONG KL
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン金融庁(SVG FSA)

登録番号:20877

サポート体制 オーストラリアにて、日本語対応あり

会社所在地はCXCのホームページに記載されていましたが本当に実在するのかは不明ですし、金融ライセンスなしとの噂もあります。

サポートについても海外からなので、満足なサポートも受けれないかもしれません。

CXCは出金拒否の実績があった

さらにCXCについて調査してみると、過去に出金拒否された・出金するのにかなり時間がかかったといったツイートがありました。

出金したいのに元金すら引き出せないのはホントに困りますよね…

大切な資金を運用するのであればこのような証券会社を利用するのは絶対にやめたほうがいいです。

CXCは詐欺なの?

CXCは詐欺だというツイートも…

個人で254万円の出金拒否被害に合われた方もいるようです。

8/25…入金  5万
9/ 1…出金  7万余 → 出金できた
9/16…入金 110万
9/21…出金 249万 → 出金できない(拒否される)

11/11…出金 254万 → 出金できない(拒否される)

11/15…現在に至る(当記事の公開日) → 現在も1円も出金できてない。元金すら。

やはりアラジンシステムは手を出したらアカンやつですね。

まとめ

今回は、

アラジンシステム(MAM)は本当に稼げるの?証券会社CXCについても調査

といった内容で紹介しました。

アラジンシステム(MAM)は最近リリースされたシステムですが、出金が3ヶ月に1回しかできないのは大切な資金を預けると考えた時に、かなり心配になりました。

自分の代わりにトレーダーが取引してくれるのはとても助かりますし、安心できて信頼できるシステムと証券会社を選びたいですよね。

筆者のオススメする自動売買ツールはズバリ、サバンナです!

\↓サバンナシステムについてはこちら↓/

あわせて読みたい
【FX自動売買】サバンナの実績や特徴!月利40%超えの完全裁量トレードについても!月利30%超えの性能を持つFX自動売買システムZOOの第2弾の登場です〜 その名も「SAVANNA(サバンナ)」 守りの...

サバンナは週利で10%近くを叩き出してますし、日利6%の日もあって驚異的過ぎます!(100万円運用にて)

ぜひ、サバンナをご自身の目で確かめてみてくださいね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【日給1万以上も可能な有料級FX自動売買ツールをプレゼント】

もっと好きなことを自由にやりたい!

家族やパートナーとの時間を増やしたい

副業で本業以上に稼ぎたい!

毎月の返済に困らない生活を送りたい

↓という方は、下記の公式LINEにぜひ登録してくださいね↓


友だち追加

 

5名様限定!日給1万超えも可能な無料ツールプレゼント中!

>詳細はこちらを今すぐクリック♪<